地震より二週間

東日本大震災の地震から今日でちょうど二週間。
輪番停電、ガソリン供給の悪化、物流の停滞等の問題が出る中で、
どうにか上棟後の仕事を頑張っています。

先週は、ガソリン、物資の買い占めが話題になりましたが、
どうか平常心を失わずにいたいものです。

一番大切な支援は「思いやること」そう思います。
思いやることで、それが声となり、力となり、行動になると思います。

地震の後のブログにも書きましたが、上棟中の建物の二階の梁の上で
地震の揺れに遭遇いたしましたが、写真はその直前に撮影したものです。

建物も、人間も皆無事だったので、躯体の確認後、続けて施工を行い、込栓、楔、野地板等の施工を終わりました。下の写真はその途中の様子。ちなみに、震度5強の地震に対して渡りあごで組み、通し貫を入れたのみで込栓も楔も耐力壁も施工前の状態で揺れに耐えて、躯体に損傷はありませんでした。
相当に気持ちの悪い揺れが3分は続きましたが・・・・・。

あまり報道されていませんが、地元の横浜・川崎でも、天井の崩落、ブロック塀の倒壊、
液状化現象による災害等が結構あるようです。今週、色々とそうした情報が入ってきて、
改めて、今回の震災が広範囲に及んでいるものと認識させられている次第です。
復興には時間もかかると思いますが、一歩一歩頑張っていかなくてはいけません。
僕らの仕事が何かの役に立てることを信じて。


東北地方太平洋沖地震

 先週金曜日の地震より、何日か経ち、被害の状況がかなりはっきりとしてまいりました。
被災地の皆様には、心よりお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々と、遺族の皆様に
対し、深くお悔やみ申しあげます。
 
 弊社社員、皆無事なのですが、社員やその家族の中には、被災地出身のものや親族親戚が被災地周辺に居住しているものもおり、今日の朝でもまだ安否確認の出来ていないものもおるらしく、非常に心配して無事を祈っております次第です。
 
 実は私、地震当日3月11日が誕生日で、しかも、上棟に向けた建物の二階の梁の上で今回の地震に遭遇いたしました。躯体に通し貫をいれ、仮筋を取り付ける作業中でしたが、皆なんとか無事で、建物も揺れこそすれ、
全く損傷はありませんでした。ただその日一日は夜中まで停電で、一昨日、昨日と事務所周り及び他の進行中の現場の確認作業を行いました。連絡がつながりにくいこともあったと思われ、ご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございません。
 
 なお、本日より輪番停電の実施が予定されており、それに伴い、業務に支障が生じる場合があると思われます。あらかじめ動いている現場に関しましては、最大限努力を致します所存ですが、今回の未曾有の大地震にあたって、電力供給に関しての国民皆の協力が必要な時と思います。皆様には申し訳ございませんが、何卒ご了承の程、よろしくお願い致します。
 
 


上棟いたしました。

今週から建てはじめました、住宅が上棟いたしました。
週初めの天候の悪さでしばらく工事が中断したりで少々遅れ気味でしたが、
皆のチームワークの賜物か、昨日無事上棟できました。
昨日は夕方に建て主さまと上棟式を行いました。


敷居

改修現場の和室に手をかけ始めました。
写真は使用する敷居です。
ダブルフレームの壁の部分に使用するため、
幅が広いですね。
和室の内部も床の間周辺を含めリニューアルするので、
結構見た目はガラリと変わる予定です。

かなり大きな家のがらんどうリフォームなので、
時間がかかりますが、いよいよ、仕上げの工程に近づいてきました。


建てはじめました。

 三月に突入し、昨日から建て方の作業が始まりました。
これは昨日から始めた一軒目の写真。今週来週と続けて2軒の上棟を行う予定です。
弊社の場合、土台敷きから棟上げまでだいたい2~3日かけて行います。
また、ほとんどの構造材が化粧であらわしになるため
建て方の作業も丁寧でないといけません。
準備や、棟上げ後の屋根の作業まで入れた一週間程度は、結構忙しく、
現場の段取りがよくないと、結構大変です。
皆のチームワークが一番出る時期かもしれませんね。

↓今回の梁材の中で一番長い6mの梁材の納入風景です。


清川村の新月伐採

 昨日、神奈川の清川村に新月伐採の見学に出かけました。
厚木の吉岡木材さんのところから、清川の森林組合で車を乗り換えて、
林道を進みましたが、途中でシシ!?に遭遇!!
あいにくの天気で、また途中の道路には昨日降った雪も積もっていたり、
同じ神奈川でも別世界が広がり、自然の豊かさを感じていると
現場に到着。森林組合の方にいろいろと説明をしていただきました。
新月伐採は一週間程度しか伐れる時間がないため作業の方は大変そうです。
山の方が大事に育て、またそれをどう使うかを考えて最適な伐り方
を考えているわけで、使う私たちも、それを理解し、もっと深い
「木の使い方」を考えていくべきと思います。


最近の記事 カテゴリー アーカイブ