床暖配管終了です。

床の絡み合ったような配管は何かというと、以前紹介しました床暖房の配管です。
ステンレスの配管の中をお湯が流れる仕組みになっています。
本日配管の施工が終了しました。


日吉のh邸新築工事中です。


ただ今日吉一丁目にてh邸の新築工事中です。
震災時に上棟を行ったのですが、
震災後の諸事情があり、少しの間現場をお休みし、3か月ほど
骨組みのままでシートをかぶせて仮置きし、工事を再開いたしました。
今回の建物ではちょっと変わった床暖房の仕組みに挑戦です。
この方式だと無垢の床材で床暖房が可能です。
そのうち紹介しますね。

床下の断熱はフォレストボードで行いました。壁は羊毛のウールブレスです。


コンクリートのお化粧

改修中のビルで打ち放し部分の改修をはじめました。
自社施工の築20年を経過した鉄筋コンクリートの建物ですが
奇跡的!?にクラックが入っていなかったようで、状態としては
良いものと思われます。

建物の角の写真。向かって右が補修前左が補修中の部分。
まだ途中の工程ですが、この状態でもだいぶ違います。

パターン付までを行った箇所はもう新築同然に近いお化粧状態です。
この後何工程か補修の工程を行い、きれいな躯体が完成します。
築20年のビルが足場が取れてどんな状態になるのか、今から楽しみです。


ビル改修を始めます


いつもの木の家の感じでないのですが、こうした仕事もしていますということで…・。
RC4階建てビルの改修を9月に入って始めました。
築20年ちょっとの建物なのですが、外観新築同様に生まれ変わる予定です。
スクラップアンドビルドを止めて、長く使える建物をという動きが広がりつつあります。
住宅のリフォームについては、ブログでもいくつか紹介しているのですが、
建物はメンテ補修すれば長く使えます。そのビル版の事例として仕事中何回か
紹介できればと思います。


最近の記事 カテゴリー アーカイブ