夏休みの工作(軸組模型)

先週いただきました夏休みの間、出かけた先の高原の風に吹かれながら
制作いたしました軸組模型です。
と書くとカッコ良く聞こえるのですが、時間に追われ
出かけた先まで持ち込んで制作した軸組模型です。
ただ、いつもと仕事の環境が違うせいか、
楽しんで制作に打ち込めました。
今建築中のシェアハウスのものなのですが、
来週は図面と模型をベースにいよいよ
刻みが始まるこの建物の打ち合わせです。


S邸上棟いたしました。

お盆休み明けの週、まだ残暑厳しい折でしたが、上棟いたしました。
今回のこの建物は、一般的な在来工法による木造住宅です。
ただし躯体に用いた材料は埼玉の西川材です。
当社で新築というと、ホームページに多くアップしている伝統的な木組みを活用した家
を想像される方も多いかもしれませんが、近県産の国産材を使用した
在来工法の住宅も建てております。
工事中の現場風景含めて、またいろいろとご紹介できればと思います。


ワークショップ「竹スタンドをつくろう」開催いたしました。

今日は午前中あいにくの雨、しかも雷雨でしたが、
ワークショップ「竹スタンドをつくろう」を開催いたしました。
参加者の皆様ありがとうございました。

皆さん、思い思いに竹に穴をあけて楽しんでいらっしゃいました。
用意したのはただの竹筒でしたが、いろいろな穴をあけることにより、
そこから漏れる光の変化を楽しめます。
節電を意識してとは言いませんが、照明を普段より落として、
竹スタンドからこぼれる明りでムードある夕食のひと時を楽しんだり、
色々とご活用ください。
また何かワークショップを行えればと思います。
下の写真は今日一番の大作!!
小学五年生が作成いたしました。
天の川をイメージして作ったそうですが、スタンドからこぼれる光がとても綺麗でした。


夏季休暇のお知らせ

弊社では下記の通り夏休みをいただくこととなりました。
お客様には、なにかとご迷惑をおかけいたしますが
ご理解のほど宜しくお願い致します。

平成24年8月10日より16日まで。

暑い日が続きますが、皆様どうぞお体ご自愛ください。

株式会社 星野土建


土を搬入しました。

先日作成いたしました、土の置場に土壁用の土を搬入いたしました。
今回使用するのは多治見から取り寄せました土と、三重県から運んできた
低農薬の稲わらです。現場で手や足を使い撹拌してしばらく寝かして熟成を待ちます。


現場にて撮影した、私と左官屋さんの写真です。
 今回の建物のテーマは、癒しを感じられる、つながりのある住まいです。
シェアハウスとして計画していますが、都市部の住宅地でありながら、
どんなに疲れて帰ってきても癒される、木と土壁の空間を提供し、
他の住人や、近隣の住人、人と人とのつながりを感じられる、
ヒューマンスケールの暮らしを実践できる家にしたいと思っています。
 今回は仕事でもつながりを考えて、弊社と、大工の北山さん、左官の小山さん他
木の家づくりを発信している仲間とのコラボレートという形で仕事を進めています。
木の家づくりの仕事は、かなり絶滅危惧種のようになってしまいましたが、
画一的な大量生産の製品と違い、今でも地方性が色濃く残っている部分があります。
都市部ではなかなかできない仕事も、郊外や地方では当たり前だったり、
都市部には都市部の、郊外には郊外の仕事のやり方があるように思います。
コラボレートすることで、職人がお互いに学ぶことも多いだろうし、
また、そこから新たな取り組みの発信もここから行えるのではないかと思っています。
この現場の件は、取り組みや考え方を含め、これから色々と紹介できればと思います。


最近の記事 カテゴリー アーカイブ