いよいよ明日からワークショップです。

いよいよ明日から2週にわたって、土日に開催いたします
えつり(竹小舞)・土壁塗りワークショップですが、
現場では今日間渡しの竹を入れ始めました。


シェアハウス上棟です。

横浜日吉の木組み土壁シェアハウス今週頭に上棟しました!
今週屋根工事が終わって来週からいよいよエツリ(竹小舞)の作業に入ります。
現場では週末のワークショップに向けて頑張っています。

最近は日が短いですが、明かりをともした後の現場は
木組みがライトアップされているようでとてもキレイです。


えつり(竹小舞)と荒壁ワークショップ横浜のお知らせ

来る12月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)に、
今建築中の日吉の現場にて、えつり(竹小舞)と荒壁のワークショップを開催いたします。
大工のきたやまさんと、左官のこやまさんと、㈱星野土建のコラボイベントです。
年末の忙しい時期ですが、皆様のご参加をお待ち申し上げております。
年齢の制限等はありません。親子での参加、
大工、左官志望の学生さん、木組み土壁の家に興味のある方、
このシェアハウスに住んでみたいんだけど…・という方。
連日でも、一日だけでも、遅れての参加でもかまいません。
お気軽にご参加ください。

日時
 (竹小舞) 2012年12月1日(土)、2日(日)
 (荒壁塗) 2012年12月8日(土)、9日(日)
 各日 午前9時から15時まで

場所
 横浜市港北区日吉1-10-5
 ㈱星野土建シェアハウス現場にて
( 東急東横線日吉駅より徒歩7分です。)

参加費用 無料 
       (長時間参加のかたには、昼食を用意する予定です。)
服装・持ち物
    汚れてもよい服、軍手、タオル、着替え等

ご不明な点、質問等は
株式会社星野土建の星野までご連絡ください。
連絡先 tel 045-563-2121
メールの場合hoshio@h06.itscom.net
または、ホームページの問い合わせからご連絡ください。
 作業は比較的簡単ですが、現場での作業のため多少の危険が伴います。
予めご了承のうえ、自己責任でご参加をお願いいたします。
 人数が多い場合には先着順とさせていただきます。
参加希望の方はお早めにご連絡ください。


稲わらと竹を準備しました。

先月末に稲わらを集め、竹を割り、これからの仕事の準備をしています。
といっても建築の仕事にわらと竹がどう必要なの?
と思われる方もおられるかもしれませんが…。
稲わらも、竹も建物の土壁を作るのに用います。

富士山が見える天気の良い日に稲わら採集しました。

竹割り中の私です。
稲わらも竹も元々は農耕民族であった
私たち日本人にとっては、すごく身近なものだったのではないでしょうか。
都市部のコンクリートジャングルに暮らし、夜の12時を回っても明るい街を歩き、
ネットやマスコミの情報からは「エコ」や「スマート」と名のついた商品を
買わないとできない「エコ」(個人的にはエコノミーのエコと思います。)
の情報ばかりを教えられていると、なかなか気づけないのかもしれません。
今身の回りにあるものでも、いらないものも実はあるのかもしれません。

原発の事故後、エネルギーに関して、今いろいろなことが求められていますが、
身の回りにあるものをうまく使い、エコロジーな生活をしていくという選択
もあってよいのではないかと思います。
木や竹や土、稲わら、カヤ・・・古来日本人は身の回りの物をうまく使って
建物を建て、その中で暮らしていました。それらは最悪捨ててしまっても
環境を阻害することはないでしょう。
上に書いた「エコ」なものを買っても、最終的にはゴミになる可能性があります。
今先進国の出したごみが、途上国の環境を脅かしているようです。
もう少し広い視野でみると、本当の意味での「エコ」が見えてくる気がいたします。
稲わらを集め、竹を割っていると自然とそんなことを考えてしまいます。


s邸現場も着々と進んでいます。

木造在来工法のs邸の現場も着々と進んでいます。
ダイジェスト版その1として屋根工事完了までの写真です。

上棟時の写真です。

上棟後の軸組に筋かいを入れ、耐力壁を念入りに施工します。

外壁に下地を施工し、開口部サッシ、防水紙を施工します。その後瓦を葺き、屋根工事が完成です。

ここまで来ると、外部は格好がついてきましたね。


最近の記事 カテゴリー アーカイブ