ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク真っ只中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
弊社はカレンダー通りで営業させていただいております。
さて、写真はゴールデンウィーク前半に旅行にでかけた先の信州で
撮った写真。梁の鼻の出の上にチョコンととまったツバメたちです。
これから軒下が騒がしい季節が始まります。


1960年代の住宅に触れて

最近改修の仕事や相談で1960年代から70年代初めにかけて建てられた、
著名な建築家の住宅に触れる機会が何度かありました。
昭和で言うと30〜40年代。この頃の建物は耐震性も低く、
また省エネ性能も悪いので建て替えた方が・・・
という話が世間の一般的なご意見なのですが、改修すれば
また住みつなげるだろうと思うような良い建物も結構あります。
事実、そんな改修の仕事を弊社で行ったこの年代の建物もいくつかあります。

賛否両論あると思いますが、個人的には、この頃のデザインは嫌いではありません。
工業が盛んになり、色々な新しいマテリアルが生まれ、デザインに意欲的な
試みが生まれた時期と思うのですが、今のいかにもコンピューターで作ったという
形でなく、人の手の跡が感じられる愛らしいモノが多いからです。
これより後の時代のものは、それが徐々に失われて、工業的な部分、経済的な部分
の占める幅が増えていて好きになれるものが少ないのです。

個人的意見かもしれませんが、もう40〜50年が経過しようとしていますが、
この時代の建物で良いものは、きちんと直して保存していくに値するものも多いよう
に思います。


ヨツバロッジ入居予定が9月になりました。

シェアハウスの工事も順調に進んでいるのですが、
諸事情あって入居が9月に延期になりました。
何件かお問い合わせをいただいているのですが、
入居希望の方にはご迷惑をおかけ致します。
ただ、せっかく土壁でやっているのだからきちんと強い壁を作り、
より良い建物にしようという話で行程に
しっかりと時間をかけることになりました。
もうしばらくお待ちください。


軒先にガラスをはめました。


改修中の建物の屋根にガラスの明かり取りをつけてみました。
築50年の住宅ですが、腕のある設計者の設計と思いますが、
なかなか雰囲気のあるお宅です。
本来の軒の日射遮蔽の機能を損なわずに陽の光を入れたい
ということでこの幅になりました。
これは施工途中の写真ですが、仕上がりも結構キレイです。


最近の記事 カテゴリー アーカイブ