外壁の杉板をカキ色に塗っています。

ただ今、下田町の家の外壁をお施主様が塗っています。
時々弊社では行うことですが、お施主様のご要望にも
よりますが、建物施工の工程の中で一緒に行えるものは行って、
せっかく建てる家の思い出づくりといいましょうか、
「ここは自分でやったよ」といえるようなところを残して、
せっかく建てる自分の家にお住まいいただくべく、
建物の施工にご参加いただけるような取り組みをしております。

今回は外壁の杉板の塗装です。
お施主様の思いのこもったカキ色を柿渋塗料を配合し
色を出して塗っております。仕上がった外壁が今から楽しみですね。

DSC_0426

DSC_0425


平塚の現場に建具が搬入されました。

代官町の家も3月中旬の引き渡しに向けてラストスパートです。
先週は建具の搬入と検査を行いました。
今回、特に框は良い材料に恵まれ、きれいな建具が出来上がりました。
建具屋さんも気合が入っています。
私の祖父の代からお付き合いのある建具屋さんですが、
なぜか私を指名してくださり、私がうちに戻ってきて初めて設計したのがこの方のご自邸でした。
建具屋さんの家なので細部までこだわって、木を多用した家でしたが、
今思えばそれが今の仕事にもつながっています。
育て、育てられ、つながる二人三脚の関係を仕事で持つことができること
は本当に幸せなことですが、そうした関係を築けていることに感謝しています。
DSC_0415
DSC_0412


最近の記事 カテゴリー アーカイブ