差し色の壁の家

街中の傾斜地の造成地に建つ、2階建て37.5坪のシンプルな住宅です。
伝統的な木組みの架構を採用しつつ、市街地での現代的な使用環境に合わせたつくりとしましたが、
若い建て主さんとの打ち合わせの中でアイデアの出た差し色の和紙の壁が、木地の素材を感じられる木の空間に映える
スタイリッシュなアクセントになっています。

IMG_1391-2

IMG_1386-2

居間の紺色の壁が差し色のように木地の空間に映えます。

IMG_1405IMG_1393

IMG_1451
シンプルな木組みの空間が心地よい各居室。

IMG_1436

木のバルコニー。痛みやすいと言われる木のバルコニーですが、屋根をかけ、作りも貫を通して
多少頑丈に作り込んでいます。意匠的には外観のアクセントにもなっています。

IMG_19442
IMG_1946

街中の雰囲気にあった木の建物であることを感じさせるすっきりとした外観




施工例一覧


  • 軽井沢の山荘


  • 柿色の家


  • 平塚代官町の家


  • ヨツバロッヂ


  • Wald in der Stadt


  • 差し色の壁の家


  • 黒壁の家


  • 音楽家のための家


  • 光庭の家


  • オーディオを楽しむ家


  • Hiyoshi 丘の家