新着情報

鉄骨造小規模ビル外壁改修事例

2020年8月22日
カテゴリー:
日記
リフォーム・改修


 いつも住宅の書き込みが多いのですが、今日は少し違ってビル改修の事例の紹介です。
弊社は街場に根ざした工務店なので、基本建物や住まいに関わることであれば
ほとんどのことは対応できるのが強みです。
 この鉄骨造のビルは、16年ほど借りていたテナントが退去したのを機に
、退去後の外壁の看板後の補修も兼ねて外部のメンテナンスを行いました。
工事内容は外壁ALCの補修、コーキング打ちかえ、一部ガラス交換、塗装工事です。


看板の設置後他補修跡が目立ち、外壁にも傷みが見られます。


足場を設置して工事開始


一部ALCのパネルにクラックがある箇所は補修して外部を手直ししていきます。


コーキングの打ち替えを行います。


看板取り付けに伴い、ガタガタに傷ついていたエントランス上部のALCパネルですが、


ガタガタになっていた化粧のリブ部分も斜めにカットしなおして補修を行い、
その後塗装をかけてここまでキレイになりました。


塗装工事後足場を外すとこのような仕上がりになります。
見違えますよね。

 ビルの修繕の依頼先は様々ですが、弊社は日頃から設計施工を通じて建物に携わっているノウハウに加え、
自社でも不動産を管理している経験から様々な修繕・維持管理のご要望への対応が可能です。
お困りの際はぜひ一度ご相談ください。