新着情報

格子壁とヒノキの床板

2022年8月8日
カテゴリー:
日記
リフォーム・改修

前回初回した格子壁、和室の開口部の一部に設置しているのですが
今の状況はこのような感じです。
まだ仕上げの工程など残っているのでこれで全てというわけではないのですが
良い雰囲気になっているのでは無いでしょうか。


できた後に見ると順調に工事できているように見えますが、
実はかなり格子壁と上部の構造耐力壁の納まりに現場で苦心しました。
まだ最終形はこれからですが、うまく納まったのではないかと思います。

格子壁の耐震壁

カテゴリー:
日記
リフォーム・改修

作成してからずいぶん建ってしまいましたが、
取り付けてその後の経過もよさそうなので紹介します。
木組の格子壁による耐震壁の製作事例です。
今回は杉の芯去の柾目材を用いて制作いたしました。


 加工は大工さんも気合が入ります。
出来上がってみるとこれは非常に良い感じなのですが、次回また紹介いたします。

入母屋の住宅の耐震改修(製作金物による梁補強)

2022年8月1日
カテゴリー:
日記
リフォーム・改修

 入母屋の耐震改修工事、主要な部分がほぼ終わりつつあるのですが、
行った一部の工事を紹介いたします。

 まずは今回は梁補強。
実際に建っている建物の鉛直荷重への対応のため
梁材の補強をおこなっている工事の様子です。

建物を壊さず、しかも二階の床組みをそのままで工事を進めなくてはならないので、
梁の補強計画にも頭を捻りますが、今回は2つに分かれたあご掛けの金物を作成し、
それにかける形で梁を持ち上げて補強工事を行いました。
金物は制作にあたりなるべく溶接による欠損の少ない形状として
構造設計事務所に提案いたしました。

 無いものを一から考えるのは難しい作業ですが、現場で話し合い
施工と設計一緒になって進められるとまた可能性が広がります。
現場でのそうした関係を大事にしていると、良い雰囲気で現場が進んでいく。
そこは大事にしたいといつも思っています。

夏季休業のお知らせ

カテゴリー:
日記
未分類

日頃より格別なご高配にあずかり厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社では下記の期間夏期休業とさせていただきます。
2022年8月10日(水)〜16日(火)
なお、17日(水)より通常営業させていただきます。
休業期間中は皆様にご不便をおかけ致しますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。
また、休業期間中に頂戴したメール問い合わせ等は営業日に順次対応させて頂きます。
あらかじめご了承のほどお願い申し上げます。

入母屋の住宅の耐震改修

2022年3月17日

 3月に入ってから限界耐力計算による入母屋の住宅の耐震改修工事を行っています。
よく郊外の土地にある大きな住宅のほとんどは1階に下屋が周っていて2階の外壁面が
1階よりも徐々に建物内側にセットバックした配置になっていくものが多いのですが、
この建物はまさにその形で、通常の耐震設計だと改修計画に難があるため、
地盤の良い今回の建物は限界体力計算による耐震改修計画で進める工事です。
一部化粧で見せる格子壁の耐力壁もあります。
写真は小屋組の補強工事中のもの。
私の木構造の先生から直々に依頼を受けて行っている仕事なのと
規模の大きな耐震改修工事なので自ずと気合が入ります。
昨日も地震がありましたが、お施主様にとって安心して住める住宅になると良いとおもいます。

小屋組施工前の写真。

小屋組補強施工後の写真。在来軸組の建物なのですが、小屋梁を追加したり、軸組の補強と合わせて金物補強をしています。

ほしのどけんの和室(茶室)がテレビに出ます。

2022年3月11日
カテゴリー:
日記
イベント

弊社のほしのどけんの和室(茶室)にてテレビドラマのロケが行われました。
ファーストサマーウイカ主演、BSテレ東 土曜ドラマ9、私のエレガンス
詳しくは以下のサイトをご覧ください。
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/atai_elegance/

2日間、建物が綾小路家になり、ロケが行われましたが
役者さん、撮影関係者の方、皆さんのプロフェッショナルぶりに感心した次第でした。
弊社の和室は、吉沢悠さん演じる綾小路眞一の実家の茶室という設定で登場します。
多分5話目もしくは6話目の最終話かな?私も見るのが楽しみです。

昔のジブリ映画に出てきそうな御宅の改修

2022年3月4日
カテゴリー:
日記
リフォーム・改修

 昨年末から足かけ2ヶ月と少しほど行った改修工事。
昭和初期に建てられた趣のある住宅です。雨仕舞いの悪い箇所と壁の傷みを改修し、
土壁の漆喰等の塗り直しをいたしました。
 お住いのご主人が愛情込めて維持管理されている素敵な住宅。
国の政策では新築住宅から既存住宅の活用へと住宅政策の方向転換がされてから
もうしばらく経ちましたが、昔の住宅にはいまでは作るのが難しい趣のある住宅も多いもの。
持続可能性のある社会実現のため、様々な分野でSDGsに関わる様々な取り組みが行われてきています。
古いからと捨ててしまうのではなく住み繋ぐことも立派なSDGへの配慮だと思います。

年末年始休業のお知らせ

2021年12月24日
カテゴリー:
日記

いつも星野土建をご愛顧いただきましてありがとうございます。
弊社では2021年12月29日より、2022年1月5日まで年末年始休業とさせていただきます。
1月6日より平常営業致します。
本年も新築から住み替えの相談、リフォーム、リノベーション、外構工事などなど様々な
ご相談をいただきありがとうございました。感謝いたします。
Fine works for happiness
これからも皆様の住環境の幸せを作るため、また精進してまいります。
2022年も星野土建をどうぞよろしくお願い致します。

ヒノキと杉の造作材たち

2021年11月12日
カテゴリー:
日記
未分類

 ただいま加工中の杉とヒノキの造作材。
マンション内のリノベーション工事の枠材の加工を行っていますが、
今回の材は埼玉と奈良から届きました。キレイですよね。
以前に枠の見付けの部分に年輪が何本以上あること、などと指定をいただいて材を選んで
加工したことがありますが、造作材として、やはりあまり年輪の間隔が広く開いているものは
見た目にもどうかと思いますし、少しでも気をつけておきたいもの。
あまり使われることが多くなくなってしまい、化粧の材料が年々少なくなりつつある現代ですが、
その中で少しでもこうした部分に気を配って施工できればと思っています。

日吉本町2丁目 1億1800万円/弊社設計施工の住宅です。

2021年9月3日

中古住宅のご紹介です。
昭和58年に弊社での設計施工で新築し、
平成26年に増築工事とリノベーション工事を弊社で行った建物です。
親子2代にわたって住み継がれてきた住宅ですが、この度新たに住みつなぎの
お手伝いをさせていただくことになりました。
増築、リノベーション後の経過年数も浅く、非常に手入れの行き届いた綺麗な住宅です。
床材も一部ヒノキほか無垢材やコルクで仕上げられています。
静かな住宅地に佇むこだわりのある住宅です。希少な日吉台小学校の学区内の物件です。
2世帯ほかいろいろな使用方法、家族形態に合う住宅だと思います。
もちろん弊社でのリフォーム・リノベーション等の相談もできます。
ご興味ある方は、株式会社星野土建までご連絡ください。

横浜・日吉で90余年 家族の「くらし」を共に考え、最高の住空間を作ることが わたし達の使命です

一級建築士事務所
株式会社 星野土建
〒223-0061 神奈川県横浜市港北区日吉1-10-13
TEL:045-563-2121
FAX:045-561-7904
営業時間 8:00〜17:30(日・祝・隔週土曜休み)