新着情報

網戸付き玄関建具改修事例

2022年10月9日

古くなってしまった玄関戸と木枠を作り直して欲しいと依頼を受けて行った工事です。
元々ついていた木枠の下部に腐食が見られたため、枠から全て作り替えました。
北側の玄関なのでその場所の明るさを確保した上で、夏場に風を通す目的から網戸を取り付けられる形としました。

マンションのリフォーム工事も順調に

2022年9月16日
カテゴリー:
日記
リフォーム・改修

 マンションの内装の改修工事を行なっています。
築年数からするとかなりビンテージな建物なのですが、
ロケーションがよく、管理のしっかりしたマンションです。
やはり木を使いたいとのご要望もあり、、一部天井は杉板貼り。
元々あった壁付けの木製収納も活かしましたが
少々レトロな暖かさもあり、いい感じです。

和室床框の本漆塗り

2022年8月18日

 傷ついてしまった和室の塗り框の補修事例です。
今回の補修では元のものに変えて、漆職人さんに本漆を施工していただきました。


傷を埋め、下地を作ってから2日に分けて4〜5工程ほど塗り重ねます。
完成するとご覧の通り!!素晴らしいですね。
施工に際しては何度か打ち合わせを行い色を決めましたが、
気温や湿度にも左右される中で、少し明るみがありながらも
締まった感じのするの良い色に施工していただきました。
ありがとうございました。

格子壁とヒノキの床板

2022年8月8日
カテゴリー:
日記
リフォーム・改修

前回紹介した格子壁、和室の開口部の一部に設置しているのですが
今の状況はこのような感じです。
まだ仕上げの工程など残っているので、
これで全て終了というわけではないのですが
良い雰囲気になっているのでは無いでしょうか。


できた後に見ると順調に工事できているように見えますが、
実はかなり格子壁と上部の構造耐力壁の納まりに現場で苦心しました。
まだ最終形はこれからですが、うまく納まったのではないかと思います。

格子壁の耐震壁

カテゴリー:
日記
リフォーム・改修

作成してから少し経ってしまいましたが、
取り付けてその後の経過もよさそうなので紹介します。
木組の格子壁による耐震壁の製作事例です。
今回は杉の芯去の柾目材を用いて制作いたしました。


 加工は大工さんも気合が入ります。
出来上がってみるとこれは非常に良い感じなのですが、次回また紹介いたします。

入母屋の住宅の耐震改修(製作金物による梁補強)

2022年8月1日
カテゴリー:
日記
リフォーム・改修

 入母屋の耐震改修工事、主要な部分がほぼ終わりつつあるのですが、
行った一部の工事を紹介いたします。

 まずは今回は梁補強。
実際に建っている建物の鉛直荷重への対応のため
梁材の補強をおこなっている工事の様子です。

建物を壊さず、しかも二階の床組みをそのままで工事を進めなくてはならないので、
梁の補強計画にも頭を捻りますが、今回は2つに分かれたあご掛けの金物を作成し、
それにかける形で梁を持ち上げて補強工事を行いました。
金物は制作にあたりなるべく溶接による欠損の少ない形状として
構造設計事務所に提案いたしました。

 無いものを一から考えるのは難しい作業ですが、現場で話し合い
施工と設計一緒になって進められるとまた可能性が広がります。
現場でのそうした関係を大事にしていると、良い雰囲気で現場が進んでいく。
そこは大事にしたいといつも思っています。

入母屋の住宅の耐震改修

2022年3月17日

 3月に入ってから限界耐力計算による入母屋の住宅の耐震改修工事を行っています。
よく郊外の土地にある大きな住宅のほとんどは1階に下屋が周っていて2階の外壁面が
1階よりも徐々に建物内側にセットバックした配置になっていくものが多いのですが、
この建物はまさにその形で、通常の耐震設計だと改修計画に難があるため、
地盤の良い今回の建物は限界体力計算による耐震改修計画で進める工事です。
一部化粧で見せる格子壁の耐力壁もあります。
写真は小屋組の補強工事中のもの。
私の木構造の先生から直々に依頼を受けて行っている仕事なのと
規模の大きな耐震改修工事なので自ずと気合が入ります。
昨日も地震がありましたが、お施主様にとって安心して住める住宅になると良いとおもいます。

小屋組施工前の写真。

小屋組補強施工後の写真。在来軸組の建物なのですが、小屋梁を追加したり、軸組の補強と合わせて金物補強をしています。

昔のジブリ映画に出てきそうな御宅の改修

2022年3月4日
カテゴリー:
日記
リフォーム・改修

 昨年末から足かけ2ヶ月と少しほど行った改修工事。
昭和初期に建てられた趣のある住宅です。雨仕舞いの悪い箇所と壁の傷みを改修し、
土壁の漆喰等の塗り直しをいたしました。
 お住いのご主人が愛情込めて維持管理されている素敵な住宅。
国の政策では新築住宅から既存住宅の活用へと住宅政策の方向転換がされてから
もうしばらく経ちましたが、昔の住宅にはいまでは作るのが難しい趣のある住宅も多いもの。
持続可能性のある社会実現のため、様々な分野でSDGsに関わる様々な取り組みが行われてきています。
古いからと捨ててしまうのではなく住み繋ぐことも立派なSDGへの配慮だと思います。

クイズ なぜ深基礎?

2021年7月28日

 改修中の築35年の共同住宅の床下です。深基礎なので床下の空間の高さが高いですね。
それでは唐突ですが、ここでクイズです。この建物の床は、なぜ深基礎なのでしょうか?
ヒントは敷地の横に用水路がある事でしょうか。考えてみてください。

・周りに水が出やすいので建物の基礎を高くした。
・用水路沿いの傾斜地の建物なので、基礎を深基礎として敷地の不陸に対応した。
ある程度知識のある方だと、おそらくこの辺の答えが想定できるのではないかと思います。

それでは答え合わせをしますね。
 この建物の建っている敷地は周りの敷地より60㎝〜80㎝ほど土が盛られています。
理由は、大雨の時に用水路が氾濫し、水の出やすい場所であるため。
その対策として敷地の高さが上げられました。
 ただし、盛り土の上にそのまま建物を建てれば、建物は不同沈下を起こします。
最近は地盤改良を行い建物を建ててしまうことも多く見られますが、この建物の計画では
沈下に備え、元の地盤の高さに基礎を作り、後から盛り土の地盤を作って対応しました。
ですので深基礎になっているのです。
 単純に建物の基礎だけを上げてしまうことをしなかったのは、外から室内に入るときの玄関の段差と
庭を使えるようにするために地盤面と床面の高さに配慮したのだと思います。
 写真を見て気づいた方もおられるかもしれませんが、
それに加えて、水の出やすい比較的地盤が悪い敷地への対策としてベタ基礎で施工されています。

 今の目で見ると少しアラも見える部分もありますが、何を隠そうこの建物はその昔に弊社で施工したもの。
35年前に共同住宅の施工でこれだけ真面目に色々考えていたのは素晴らしいし、誇れることだと思います。
今もその考えを引き継ぎ、その延長で考えを進めて建物を建てていますが、
昔の仕事からそれを発見できるのは、とても幸せなことですね。

スノコ用ヒノキ板

2021年6月10日
カテゴリー:
日記
リフォーム・改修

 屋内の食品収納庫の中に、通風を考えたスノコ貼りのデッキ
を作るために加工中のヒノキの板材です。


 収納庫の中とはいえ、節のない材で加工しているのは
ご高齢の居住者の方に合わせて足を引きずっても靴下や素足に節などを
引っかけないよう配慮するため。現場での制作時も足の触れる表に釘や金物が
出ることがないよう作成していきます。
 新築でも小さな修理でも木を使うには理由があり、
それをどのように使うかを含め、「なぜ木を使うのか」といつも
考えを大事にした仕事をしていますが、今回も足触りや床の風通し、
その他いくつかの木の持つ効果を狙ってヒノキを使うので
「木」を使うだけに「気」をつかいます。
細かな配慮も大事にしたいと日々思っています。

横浜・日吉で90余年 家族の「くらし」を共に考え、最高の住空間を作ることが わたし達の使命です

一級建築士事務所
株式会社 星野土建
〒223-0061 神奈川県横浜市港北区日吉1-10-13
TEL:045-563-2121
FAX:045-561-7904
営業時間 8:00〜17:30(日・祝・隔週土曜休み)